TSUBURAYA STATION

ニュース
News

ニュースメニュー

  • 検索

  • 年月で絞り込む

  • カテゴリ

2020.11.03

2020.11.03

2021年初夏公開決定!『シン・ウルトラマン』立像が初お披露目、“特撮の神様”円谷英二の出身地・須賀川にてシン・ウルトラマンの“スペシウム光線ポーズ”が明らかに!

映画『シン・ウルトラマン』の公開日が、2021年初夏に決定!

また、須賀川特撮アーカイブセンターの開館に合わせて、映画に登場するウルトラマンの1/33スケール(高さ約2m)となるシン・ウルトラマン“スペシウム光線ポーズ”のスタチュー(立像)が初お披露目されました。

写真左より:庵野秀明氏、樋口真嗣氏、尾上克郎氏

『シン・ウルトラマン』2021年初夏公開!

本日2020年11月3日、福島県・須賀川市出身で「特撮の神様」とも称される円谷英二監督が礎を築いた特殊撮影技術並びに制作された作品等に関連する貴重な資料等を収集、保存、修復及び調査研究し、それらを通じて市民が特撮文化を顕彰、推進することを目的とした、須賀川特撮アーカイブセンターが開館しました。

開館に先立ち開館式が開催され、シン・ウルトラマンのスタチュー(立像)が初お披露目されたほか、『シン・ウルトラマン』の公開が「2021年初夏」に決まったことも発表となりました!

開館式には、宮田亮平文化庁長官代理・文化庁参事官(芸術文化担当)付 芸術文化支援室長の所 昌弘氏、内堀雅雄福島県知事、橋本克也須賀川市長等と共に特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)理事長でもある庵野秀明氏(『シン・ウルトラマン』企画・脚本)、 樋口真嗣氏(同監督)、尾上克郎氏(同准監督)が出席。庵野秀明 氏は須賀川特撮アーカイブセンター開館によせて、以下のようにコメントしました。

庵野秀明 氏のコメント(『シン・ウルトラマン』企画・脚本)
「特撮」の技術や資料などを保存するこの須賀川特撮アーカイブセンターが開館した本日は、「特撮」にとって第一歩と言える日です。まだまだ、日本中にある特撮ミニチュアの作品、資料を保全する為に第二号、第三号とアーカイブを設立して、将来的にはミュージアムや特撮スタジオを建てるなど、「特撮」の未来に繋がっていくところまで辿り着けたらと思います。感無量過ぎて、ありがとうという言葉しか出てきませんが、アーカイブセンター開館にご尽力いただいた皆様に感謝いたします。

シン・ウルトラマンの“スペシウム光線ポーズ”スタチュー(立像)が初お披露目

鋭意制作中の映画『シン・ウルトラマン』ですが、 立像に関しては、特撮界きってのスター的存在であるウルトラマンということもあり、須賀川特撮アーカイブセンター開館という記念すべき日に間に合わせるべく、庵野秀明、樋口真嗣からのたっての要望で、急ピッチで制作を進め、本日のお披露目に至りました。

スタチューは高さ約2メートルで、映画で登場するウルトラマンの1/33スケールのスタチューとなります。ウルトラマンの代名詞とも言える“スペシウム光線※”発射のポーズをしたデザインで、今にも光線が発射されそうな迫力のある立像となっています。

オリジナルデザインを手がけた成田亨氏の目指したウルトラマンの本来の姿を描くことをデザインコンセプトとし、ウルトラマンの美しさに少しでも近づきたいという願いから生まれた『シン・ウルトラマン』のウルトラマン。

このスタチューが初お披露目されたのを受けて、庵野秀明氏は「この須賀川特撮アーカイブセンターの顔として、お出迎えに相応しいものになったと思います。」とコメントを寄せ、樋口真嗣氏は「細部にこだわって作っているので、よく見てもらいたい。特に耳に注目してください!」と感想を嬉しそうに述べました。尚、本スタチューは2021年春ごろまで須賀川特撮アーカイブセンターにて展示予定です。

須賀川特撮アーカイブセンター施設概要
・施設名称:須賀川特撮アーカイブセンター
・施設場所:福島県須賀川市柱田字中地前22番地 地内
・運営:福島県須賀川市
・監修:特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)
・入場料:無料
・開館時間:午前9時から午後5時まで
・休館日:毎週火曜日及び12月29日~翌年1月3日(ほかメンテナンス休館日を適宜設定)
※『シン・ウルトラマン』スタチューは2021年春ごろまで展示予定。

『シン・ウルトラマン』作品概要

初登場から55周年となる2021年に、企画・脚本:庵野秀明、監督:樋口真嗣の『シン・ゴジラ』タッグで映画化する『シン・ウルトラマン』。主人公の”ウルトラマンになる男”には、斎藤工。そして主人公の相棒役に長澤まさみ。また、この二人と共に様々な脅威に立ち向かうメンバーの一員として、西島秀俊、有岡大貴、早見あかり、田中哲司。その他、物語の鍵を握る役どころで、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏といった演技派・個性派キャストが出演。『シン・ウルトラマン』に相応しい超豪華キャストの布陣となっています。

また、昨年の12月に行われたTSUBURAYA CONVENTION 2019にて、庵野秀明が“ウルトラマンの美しさに、少しでも近づきたいという願いから生まれた姿”と言う、シン・ウルトラマンのビジュアルがお披露目され、話題となりました。

・製作:㈱円谷プロダクション、東宝㈱、㈱カラー 
・配給:東宝(株)
・製作プロダクション:(株)東宝映画、シネバザール
・出演:斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊ほか
・公開時期:2021年初夏予定
・公式サイト:https://shin-ultraman.jp/

©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©円谷プロ

ピックアップ
Pickup

ソーシャルメディア
Social Media