ニュース

  • トップ
  • ニュース
  • 『ウルトラマンデッカー』突如現れたデッカーに変身する謎の男、正体はカナタの子孫デッカー・アスミ

『ウルトラマンデッカー』突如現れたデッカーに変身する謎の男、正体はカナタの子孫デッカー・アスミ

『ウルトラマンデッカー』最新第15話「明日への約束」にて、突如現れたデッカーに変身する謎の男の正体がカナタの子孫デッカー・アスミだと明かされました。

カナタの子孫デッカー・アスミ

先週放送の第14話で、アサカゲ博士の正体が「バズド星人アガムス」だと明かされました。主人公カナタが、正体を明かしたアガムスが駆使するテラフェイザーに追い詰められる展開となったところ、2人の目の前に突如光に包まれた“謎の男”が現れました。

アガムスとも顔見知りのその男は、ウルトラマンデッカーに変身しアガムスと対峙し見事な戦いぶりを見せるも、その正体はその正体は最後まで謎のままでした。

そして最新第15話にて、謎の男の正体が未来の宇宙でウルトラマンデッカーとなる光を手にした地球人“デッカー・アスミ”で、実はカナタの子孫であることが明らかとなりました。

デッカー・アスミは「近い未来、宇宙に進出した人類はスフィアと遭遇し、様々な星の人類と協力し戦うことになる。」と話し、その戦う人類の中には、ウルトラマントリガーと共に闇の軍勢と戦った超古代の巫女の末裔である未来のユザレに加えて、もう一人のウルトマンが戦っていたことを語っています。

デッカー・アスミとは?
未来の宇宙でウルトラマンデッカーとなる光を手にした地球人で、実はカナタの子孫。
ウルトラDフラッシャーも本来は彼が使っていたもの。
彼が変身するデッカーは、カナタが変身するよりも格段に上手な戦い方を見せる。
アサカゲ博士の正体=バズド星人アガムスの復讐を止めるため、未来から命がけでこの時代に追ってきた。
アガムスはこの時代の地球に来る時、自ら開発した時空移動システムを破壊して行った。
スフィアの襲来で初めてカナタがデッカーに変身した時、まだ修復中の時空移動システムでどうにかDフラッシャーだけを過去の時代に送り光をカナタに託した。
ようやく自分自身を過去に送ることはできたものの、まだ不完全なシステムのためこの時代に長時間滞在することは出来ず、体力もすさまじく消耗する。
未来への帰り際に残した「アガムスを救ってやってくれ」の言葉の意味とは一体?!

谷口賢志さんのコメント(デッカー・アスミ役)

夢が叶いました。
ディーフラッシャーを掲げた瞬間、腕を十字に構えた瞬間、幸福と興奮と重圧と責任と、そして言葉にならない感覚に包まれました。それがウルトラマンを背負うことなのかもしれません。
絶望の中にいても、夢と希望を持ち、絶対に諦めず、想いを誰かに繋げる。
すべての夢や願いは叶わないかもしれないけれど、誰かのために必死に戦い続ければ、その想いは届く。
『ウルトラマンデッカー』の想いが届き、受け取ってくれた皆様の、夢や願いが叶う未来へと繋がりますように。
何度でも立ち上がり、共に生きましょう。

『ウルトラマンデッカー』前半ダイジェストPV

ウルトマンデッカーの物語もいよいよ折り返し地点です。
怒涛の後半に向けて、第15話までの名場面をアスミ・カナタのナレーションと共に振り返る前半ダイジェストPVを公開しました。

『ウルトラマンデッカー』の物語にこれからもご期待ください。

SHARE

このニュースの関連作品