ニュース

  • トップ
  • ニュース
  • ウルトラマンが「ニューヨーク・コミコン2022」に参戦!アメリカ東海岸最大のポップカルチャーの祭典で最新情報を続々発表

    ウルトラマンが「ニューヨーク・コミコン2022」に参戦!アメリカ東海岸最大のポップカルチャーの祭典で最新情報を続々発表

    円谷プロダクションは、10月6日(木)よりアメリカ・ニューヨークで開催される「ニューヨーク・コミコン2022」に参加し、ウルトラマン関連作品の最新情報の発表や、限定グッズの発売、そして世界中のファンとの交流などを実施します。

    ウルトラマン最新情報を「ニューヨーク・コミコン2022」で発表

    10月7日(現地時間)より始まるニューヨーク・コミコンでは、今後グローバル展開するウルトラマン関連作品を手がける豪華クリエイターたちが集結し、最新情報を続々と発表します。

    MARVELコミックス版『ウルトラマン』プロジェクトでは、『ウルトラセブン』を題材とする『The Mystery of Ultraseven』より、アーティストのフランチェスコ・マナ氏・ライターのカイル・ヒギンズ氏が出演し、同コミックの魅力や、今後同コミックシリーズ内で展開を予定するMARVELヒーローとのクロスオーバー展開についても言及します。

    Netflixにて全世界配信するアニメ『ULTRAMAN』FINALシーズンでは、原作者の清水栄一氏・下口智裕氏が登壇し、アニメの最新情報を世界初公開します。

    また、国内で約300万人の動員を記録した映画『シン・ウルトラマン』の特別上映イベントを、北米公開に先駆け、ニューヨーク・コミコン参加者向けに予定しています。

    そのほか、同イベント内では約25万人の来場者にむけて作品毎のトークパネル、ウルトラヒーローたちによるグリーティング、そしてイベント限定のフィギュアの販売など、様々な取り組みを実施します。

    グローバルな展開で世界中から注目を集めるウルトラマン関連最新作の今後にご期待ください。

    各作品情報

    ●MARVELコミックス版『ウルトラマン』
    2022年10月、シーズン3展開決定
    シーズン3タイトル:『The Mystery of Ultraseven』
    円谷プロとマーベル・エンターテイメントが初めてタッグを組んだ『ウルトラマン』を題材としたコミック

    ●アニメ『ULTRAMAN』
    2023年、Netflixにて全世界配信

    タイトル:『ULTRAMAN』FINALシーズン
    原作:円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(「コミプレ/ヒーローズ」)
    監督:神山健治×荒牧伸志 
    音楽:戸田信子×陣内一真 
    制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS
    公式サイト:https://anime.heros-ultraman.com

    ●映画『シン・ウルトラマン』
    次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。
    通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。

    班長・田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者・滝 明久(有岡大貴)、汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)が選ばれ、任務に当たっていた。

    禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。
    禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、神永とバディを組むことに。
    浅見による報告書に書かれていたのは・・・【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

    公式サイト:https://shin-ultraman.jp/
    公式Twitter:https://twitter.com/shin_ultraman
    TSUBURAYA IMAGINATION『シン・ウルトラマン』関連ページ

    SHARE