ニュース

  • トップ
  • ニュース
  • ウルトラマンの日記念!斎藤工さんと樋口真嗣監督が『シン・ウルトラマン』トークショーに登場!ウルトラマンの生みの親・円谷英二のふるさと福島県須賀川市で実施!

ウルトラマンの日記念!斎藤工さんと樋口真嗣監督が『シン・ウルトラマン』トークショーに登場!ウルトラマンの生みの親・円谷英二のふるさと福島県須賀川市で実施!

7月10日「ウルトラマンの日」を記念し、大ヒット上映中の映画『シン・ウルトラマン』で主人公を演じる斎藤工さんと樋口真嗣監督が、特撮の聖地・須賀川に凱旋し特別上映会でのトークショーに登壇しました。

特別上映会レポート

1966年、『ウルトラマン』の第1話「ウルトラ作戦第一号」が放送される1週間前の7月10日に、「ウルトラマン前夜祭ウルトラマン誕生」という番組PRイベントが放送され、ウルトラマンがテレビに初めて登場しました。

この記念すべき日を「ウルトラマンの日」と制定(一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録)しています。

本日7月10日(日)に、斎藤工さんと樋口真嗣監督が「ウルトラマンの日」を祝うため、福島県須賀川市を訪問しました。

須賀川市は<特撮の神様>ウルトラマンの生みの親・円谷英二のふるさとであり、ウルトラマンの故郷「M78星雲 光の国」と姉妹都市提携を結んでいます。

須賀川の駅前や市役所、駅前から続く松明通りなど、ウルトラヒーローや怪獣たちのモニュメントが街中に設置され賑わっている他、「円谷英二ミュージアム」や、庵野秀明氏・樋口真嗣監督も深く関わっている、特撮にまつわる貴重な資料の収集・保存・修復及び調査研究を行う「須賀川特撮アーカイブセンター」があるなど、『ウルトラマン』と縁の深い地での開催となりました。

須賀川市長・副市長との記念撮影

特別上映会には須賀川市民を中心に約1000人の観客が参加しました。
ホールに響く拍手の大きさに驚く中、斎藤工さんは「円谷英二さんが生まれた聖地でこのような瞬間を分かち合えるのは自分にとってご褒美のような瞬間です。」、樋口監督は「須賀川における特撮という結びつきを10年間かけて確かなものしていき、順調に芽が育ってきている中でついに斎藤工さんと一緒にウルトラマンを作って披露することができた」と語り、『ウルトラマン』の故郷に『シン・ウルトラマン』大ヒットの報告とともに凱旋しました。

7月10日にイベントを行う事に関して斎藤工さんは、「この作品は円谷さんが繋いできた“希望のバトン”だと思います。今日、このタイミングでこのイベントをすることができ、光栄に思います」と喜びの気持ちを語りました。

初めて訪問した須賀川についても「車の窓から見える景色が、ガボラが出てきそうだったり、ウルトラマンの原風景がここにあるんだという、映画の中に入っていくような感覚がありました。」と、到着して間もないながらも満喫している様子でした。

樋口監督は「須賀川特撮アーカイブセンーに保存する新しいものを持ってきました。映画の3DCGデータをプリンターで再現した模型です。」とウルトラマンの飛行シーン用のCGモデル模型を披露しました。

そして「10年前に須賀川に訪れてから、多くの人があたたかく迎え入れてくれ、今に繋がっております。子供の頃から憧れだった円谷英二さんはこの地で生まれ育ち、僕らの大好きなゴジラがやウルトラマンを作ってくださり、多くの後継者が生まれ、僕もそのバトンを受け取ったように思います。本日、この場を提供していただき、本当にありがとうございました。」改めて感謝を述べました。

さらに、1966年の初代『ウルトラマン』で“ウルトラマンになる男”ハヤタ隊員を演じた黒部進さんからのコメント映像が上映されました。55年の時を経て作られた『シン・ウルトラマン』を鑑賞し「素晴らしいパワーがありました」と称え、ご本人と同様に“ウルトラマンになる男”を演じた斎藤工さんについて、「ピッタリでした!」とコメントしました。

さらに「『シン・ウルトラマン』製作陣が並々ならぬ覚悟でこの作品に臨んだことがスクリーンから伝わってきました。当時の制作陣がこめた想い、ウルトラマンを通して伝えたかったことを継承し、そのバトンを繋いでくれたように感じました。樋口監督、斎藤工さんさん、製作に携わった皆さん、お疲れ様でした。そしてありがとうござました。」と熱いメッセージを届けました。

それを受けて、斎藤工さんは「黒部さんから紡がれてきたバトンというものがとても背中を押してくれたので、黒部さんの言葉は心の底から光栄で胸がいっぱいになりました」と喜びを語りました。

『シン・ウルトラマン』大ヒット上映中

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。
通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。

班長・田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者・滝 明久(有岡大貴)、汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)が選ばれ、任務に当たっていた。

禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。
禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、神永とバディを組むことに。
浅見による報告書に書かれていたのは・・・【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

公式サイト:https://shin-ultraman.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/shin_ultraman
TSUBURAYA IMAGINATION『シン・ウルトラマン』関連ページ

SHARE

このニュースの関連作品