ニュース

  • トップ
  • ニュース
  • 映画『シン・ウルトラマン』&『ウルトラマン』メフィラス・ゼットン登場回付き上映、各2週間限定で上映決定

映画『シン・ウルトラマン』&『ウルトラマン』メフィラス・ゼットン登場回付き上映、各2週間限定で上映決定

大ヒット上映中映画『シン・ウルトラマン』と、『ウルトラマン』メフィラス・ゼットン登場回を楽しめる上映の実施が決定しました。

『ウルトラマン』メフィラス・ゼットン登場回付き上映

『シン・ウルトラマン』の原点となるテレビシリーズ『ウルトラマン』(1966年)のメフィラス及びゼットン登場回付き上映を、それぞれ2週に渡って実施することが大決定いたしました!

今回の企画は、『シン・ウルトラマン』に登場するキャラクターの中でも特に人気の高い“メフィラス”と“ゼットン”の『ウルトラマン』(1966年)登場回を、映画館で鑑賞できる上映企画です。

7月8日(金)~7月21日(木)
第33話「禁じられた言葉」
メフィラス星人 登場

7月22(金)~8月4日(木)
第39話(最終回)「さらばウルトラマン」
ゼットン 登場

それぞれ2週間ずつ、計4週間に渡って、『シン・ウルトラマン』本編終了後に上映となります。

本上映企画は全国の『シン・ウルトラマン』上映劇場にて上映されます。

『シン・ウルトラマン』の『ウルトラマン』へのオマージュを再発見したり、大スクリーンで『ウルトラマン』をお楽しみ頂ける機会となります。ぜひお楽しみ下さい。

※8月4日(木)より前に上映が終了になる劇場もございます。予めご了承ください
※シリーズの原点となる「ウルトラマン」(1966年)全話は、円谷プロのデジタル・プラットフォーム・サービス「TSUBURAYA IMAGINATION」にて配信中です。

『シン・ウルトラマン』大ヒット上映中

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。
通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。

班長・田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者・滝 明久(有岡大貴)、汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)が選ばれ、任務に当たっていた。

禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。
禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子(長澤まさみ)が新たに配属され、神永とバディを組むことに。
浅見による報告書に書かれていたのは・・・【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。

公式サイト:https://shin-ultraman.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/shin_ultraman
TSUBURAYA IMAGINATION『シン・ウルトラマン』関連ページ

SHARE

このニュースの関連作品