ニュースNews

2021.05.04

『レッドマン』や『電光超人グリッドマン』の描き下ろし原画を展示!「マット・フランク原画展~円谷プロ作品編~」2021年5月12日(水)より墓場の画廊(東京)で開催!

「怪獣王」こと特撮アメコミアーティスト、マット・フランク氏の原画展「マット・フランク原画展~円谷プロ作品編~」が墓場の画廊(東京・中野)で開催されます。

マット・フランク原画展~円谷プロ作品編~

『レッドマン』から「ウルトラマンシリーズ」まで、マット・フランク氏の魅力溢れる原画が展示されます。

『レッドマン』の原画が会場にて販売されるほか、マット・フランク氏が手がけたMarvelコミック版ウルトラマン「THE TRIALS OF ULTRAMAN ISSUE#1 MATT FRANK VARIANT COVER」の複製イラストの展示も行なわれます。

マット・フランク氏の完全描き下ろし『電光超人グリッドマン』イラスト展示

今回のイベントに合わせて、マット・フランク氏が『電光超人グリッドマン』のイラストを描き下ろし。グリッドマンとカーンデジファーの激闘を描いた力作が会場にて展示されるほか、オンラインストアで複製画の受注販売も行なわれます。

また、会場とオンラインストアでは『レッドマン』新装版や限定版のコミックも販売。マット・フランク氏のサイン入りコミックやイラスト集も登場します。
マット・フランク氏が描く円谷プロ作品の世界をお楽しみください。

「マット・フランク原画展~円谷プロ作品編~」概要

期間:2021年5月12日(水)~5月25日(火)
会場:墓場の画廊(東京・中野)/墓場の画廊ONLINE STORE
主催:株式会社CRAZY BUMP

【墓場の画廊】新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとお願い
https://hakabanogarou.jp/archives/16165
※展示内容は変更になる場合がございます。

マット・フランク氏プロフィール
1985年、アメリカ、テキサス州オースティン生まれ。
様々な特撮アメコミのカバー/作画に携わるアーティスト。
日本の特撮作品に造詣が深く、ゴジラの仇名にかけて“怪獣王”と呼ばれ、ファンから親しまれている。
2018年より、脚本・作画全てを手掛けた「レッドマン」1~3巻がフェーズシックス出版から発売。大きな話題を呼んだ。