TSUBURAYA STATION

ニュース
News

ニュースメニュー

  • 検索

  • 年月で絞り込む

  • カテゴリ

2019.06.28

2019.06.28

『ティガ』『ダイナ』『ガイア』メインデザイナー・丸山浩氏によるアートワークが登場!第1弾「ULTRAMAN ARCHIVES CLASSIC ARTS 丸山浩アートワーク・ウルトラマンティガ」は7/3(水)から100点限定で予約販売受付開始!

※画像はイメージです。実際の商品とは多少異なる場合がございます。

“平成ウルトラマンシリーズ”の初期3作品『ウルトラマンティガ』『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』の魅力を新たに発信していく「TDGプロジェクト」では、「ULTRAMAN ARCHIVES CLASSIC ARTS 丸山浩アートワーク」を展開。
第1弾として、「ULTRAMAN ARCHIVES CLASSIC ARTS 丸山浩アートワーク・ウルトラマンティガ」の予約販売受付を、7月3日(水)から100点限定で開始します。

ULTRAMAN ARCHIVES CLASSIC ARTS 丸山浩アートワーク・ウルトラマンティガ

今回発表する『ティガ』『ダイナ』『ガイア』メインデザイナー・丸山浩氏のオリジナルアートワークでは、『ウルトラマンティガ』第44話「影を継ぐもの」にスポットを当て、イーヴィルティガを止められなかった超古代狛犬怪獣・ガーディーを抱く、ウルトラマンティガの姿が描かれています。
フレームアートは、キラリと輝き、変化するパール光沢用紙が独特の立体感・存在感を生み出し、細やかな色の違いを塗り分ける高精細・高画質な印刷で細かな陰影や凹凸を表現。まるで立体写真のようにも見えるクオリティです。
7月3日(水)から、円谷プロ公式オンラインSHOPにて予約受付を開始します。100点のみの数量限定、完全予約商品となりますので、どうぞこの機会をお見逃しなく!

【発売・仕様】
作品名:ULTRAMAN ARCHIVES CLASSIC ARTS 丸山浩アートワーク・ウルトラマンティガ
作家名:丸山浩
出力方式:サーマルインクジェット方式
印刷用紙 :パール光沢用紙
額縁外寸法:約W290×H380×D28mm
マット中抜寸法:約W210×H290mm
マット仕様:Vカットマット紙・ワイドマット紙

※仕様は変更される場合がございます。予めご了承ください。
※額装内部に、丸山浩氏の直筆サイン・落款入り。

【購入情報】
受注期間:7月3日(水)午前11時~8月4日(日)予定
※準備数に達し次第、期間中でも販売は終了致します。
価格:18,000円(税込)
数量:100点限定
URL:https://www.m78-online.net/
発送時期:9月中旬~下旬頃 随時発送

※受付開始時間は多少前後する可能性がございます。
※やむを得ない状況により、お届け期間は多少前後する可能性がございます。
※お客様のご都合による商品のご返品はできかねます。

●丸山浩氏 プロフィール
個人アトリエ[atelier-M]にてデザインやイラスト、特殊造型など様々な分野で活動中。
過去に円谷プロのウルトラマンや怪獣などのデザインを多数担当。
近年はアニメ作品『バトルスピリッツシリーズ』『SSSS.GRIDMAN』や特撮作品『仮面ライダーウィザード』『アウターマン』『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』などに参加。

■TDGプロジェクトとは

『TDGプロジェクト』イメージビジュアル
『ティガ』『ダイナ』『ガイア』のデザインを担当した
丸山浩 氏による描き下ろしイメージビジュアル

『ウルトラマンティガ』
『ウルトラマンダイナ』
『ウルトラマンガイア』

90年代後半、ウルトラマンの歴史に一つのパラダイムシフトを起こした3つのシリーズがありました。
それは、ウルトラマンでありながら、それまでのウルトラマンではありませんでした。
なぜ、それらは新たな歴史を紡ぎ出すことができたのでしょうか?
そのストーリーや世界観、キャラクター、そして、そこにかけた造り手たちの想い・・・。
それらを映像、書籍、グッズ、イベントなど、あらゆるエンターテイメントとして新たに紡いでいきたい。
それが、TDGプロジェクトです。

ピックアップ
Pickup

ソーシャルメディア
Social Media