TSUBURAYA STATION

ニュース
News

ニュースメニュー

  • 検索

  • 年月で絞り込む

  • カテゴリ

2019.01.10

2019.01.10

「円谷英二ミュージアム」が明日1/11(金)より円谷英二の出身地・福島県須賀川市にてオープン!

円谷プロダクションの創業者であり「特撮の神様」と称される円谷英二(つぶらやえいじ)を顕彰する『円谷英二ミュージアム』が、円谷英二の出身地である福島県・須賀川市にて明日1月11日(金)よりオープンします。

円谷英二ミュージアム

『円谷英二ミュージアム』は、須賀川市出身で「特撮の神様」と称される円谷英二監督の偉業を顕彰するとともに、子どもたちに学びの大切さ、挑戦する素晴らしさを伝え、次世代に生きる人々に大きな夢を与える施設です。
本ミュージアムでは、円谷英二の68年間のあゆみや人となりをパネルや映像インタビューで紹介するほか、特撮メイキング映像や造形物を展示、さらには特撮に関連する図書や発想のもとになる図書を配架し、円谷英二の功績や特撮の魅力を発信します。
福島県須賀川市の市民交流センター『tette(てって)』内にて明日1月11日(金)よりオープンいたします。

                               ©TOHO CO.,LTD

各コーナー概要

★円谷英二クロニクルボックス
円谷英二の生涯を時系列で7つのパートに区切り、その時々の物事の変わり目、転換点となる出来事をクローズアップしながら、その足跡を紹介する。1901年に須賀川の麹屋に生まれた一人の少年が大空に憧れ、ついには「特撮の神様」と称されるまでの68年間の歩みを辿っていく。

 

★円谷英二ネットワークウォール
当時のエピソードにより円谷英二の人となりを紐解くインタビュー映像「特撮随想リレー」、関連作品群や幅広い人間関係を紹介する検索型コンテンツ「ネットワークウォール」が配される。
体験型コンテンツ「クラフトかいじゅうだいこうしん」では、パーツの組み合わせにより自分だけのオリジナル怪獣を創作できる。

★空想アトリエ
円谷英二が子ども達にメッセージとして伝えていた「学びの大切さ」を、造形物やグラフィックなどの展示物と図書を関連づけながら、当時の作品と「生物学」や「機械学」、「環境学」や「天文学」など、様々な分野との関わり合いを探るため、関連図書や怪獣・メカ模型を配している。


★特撮スタジオ
円谷英二が特技監督として多くの作品を手掛けた東宝撮影所(現:東宝スタジオ)をミニチュアジオラマで再現。
背景画の匠として英二作品にも多数参加した島倉二千六氏による背景作画も見どころ。

 

 

 

概要

場所:須賀川市民交流センター「tette」5階
住所:〒962-0845 福島県須賀川市中町 4-1
開館時間:9時~17時(閉館日 火曜日)
入場料:無料
※1月11日(金)~13日(土)は「tette」オープンイベントに伴い、開館時間が異なります。
詳細はこちらのページをご参照ください。
※1月11日(金)~14日(日)の入場は事前予約制となります。(当日受付あり)

お問い合わせ:須賀川市民交流センター整備室 円谷英二ミュージアム 担当
0248-73-4407(土日祝除く9時から17時)

市民交流センター「tette」


tetteとは、みんなが手と手をつないで、笑顔あふれる様にと想いを込めた愛称です。
東日本大震災からの「市民文化復興のシンボル」として整備しました。たくさんの市民の方とワークショップを行い、みんなで考えつくられた施設です。
様々な機能(図書館、生涯学習、子育て支援、市民活動支援)が融合し、 目的を超えた交流が生まれることを目指し、各フロアを活動に合わせたテーマに分け、そのテーマに沿って本や情報が配置されています。

tette1階の「ひかりのまちひろば」には、バルタン星人・レッドキング・キングジョーの巨大モニュメントが出現!
また、キングジョーの近くにあるモニターでは、「福島県須賀川市」と「M78星雲 光の国」が2013年5月5日に姉妹都市の提携をして誕生した仮想の町「すかがわ市 M78 光の町」に関する様々なコンテンツを楽しむことができます。

 

公式ホームページ:https://s-tette.jp/
TEL:0248-88-9183(整備室)
mail:kouryu@city.sukagawa.fukushima.jp

ピックアップ
Pickup

ソーシャルメディア
Social Media