ニュース

ニュース

5/10(土)佐川美術館(滋賀県守山市)で開催中の「ウルトラマン創世紀展」にて、池谷仙克氏記念講演会「ウルトラマン特殊美術」を開催!

ウルトラマンシリーズの特殊美術や怪獣のデザインなどで、円谷作品に深く関ってこられた池谷氏の当時の貴重なお話をご聴講いただけます。
参加をご希望の方は、要項をご参照いただき、参加方法・注意事項に同意の上、ご参加ください。

■記念講演会「ウルトラマン特殊美術」

出演者:池谷仙克氏(日本映画・テレビ美術監督協会会員)
日程:2014年5月10日(土)
時間:13:00~14:00
定員:120名
料金:無料(ただし、入館料は必要)
会場:講演会場 館内渡り廊下

★講演会場の地図はこちら(PDFファイル)

<参加方法・注意事項>
※会場の座席には12:30からご着席いただけます。お時間になりましたら会場にお集り下さい。
※立見の参加も可能ですが、混雑状況によっては安全確保の為、ご聴講いただけない場合がございますのでご了承ください。
※講演中の写真撮影やビデオ撮影、音声録音は固くお断りいたします。
池谷仙克
■池谷仙克(いけやのりよし)

東京都出身。武蔵野美術大学卒業。
円谷英二が手がけた帝劇の「風とともに去りぬ」の舞台のスクリーンプロセスのミニチュアセットを手伝ったのを機に、『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」から特殊美術スタッフとして参加。
その他、映画やCMの美術を多数手がける。
1991年、『夢二』(鈴木清順監督)で横浜映画祭美術賞受賞。
1996年、『写楽』(篠田正浩監督)で日本アカデミー最優秀美術賞受賞。

 

「ウルトラマン創世紀 ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ」
場所:滋賀県守山市 佐川美術館
日程:2014年4月5日(土)~6月15日(日)
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2014/02/80.html