怪獣・星人MONSTER - ALIEN

  • 精強融合獣
    スフィアザウルス

  • 破壊暴竜デスドラゴ

  • 電脳友機 HANE2

  • ディメンションカード
    怪獣
    ミクラス

  • 古代怪獣ゴモラ

  • 古代合成獣
    スフィアゴモラ

  • 闇黒星人シャプレー星人

  • 破壊獣
    モンスアーガー

  • 宇宙怪獣ベムラー

  • 宇宙怪獣エレキング
    (エリー)

  • 変身怪人ピット星人
    (ユウコ)

SHARE

変身怪人ピット星人
(ユウコ)

エレキングの幼体(エリー)を連れて銀河の一人旅を続けていた宇宙人。宇宙船の故障により一年前に地球に不時着。自力で地球を脱出する事も出来ない状況となり、地球人ユウコの姿となって生活していた。

登場話
第5話
身長
1m55cm
体重
60kg

宇宙怪獣エレキング
(エリー)

湖に潜んでいた宇宙怪獣。湖畔にある変電所の送電線から電流を吸い上げていた。元々は宇宙を一人旅していた敵意の無いピット星人(ユウコ)が旅のお伴に連れてきていたエリーという名の小型の幼体ペットだったが、地球で急成長を遂げてしまった。

登場話
第5話
身長
53m
体重
2万5千トン

宇宙怪獣ベムラー

GUTS-SELECT隊員訓練用のVRゴーグルを使った市街戦シミュレーション映像内に出現した怪獣。

登場話
第4話
身長
50m
体重
2万5千トン

破壊獣
モンスアーガー

掘削工事現場で発見された巨大な鋼鉄製のカプセルから出現した破壊獣。強固な表皮を持ち、口からは火炎を吐く。頭頂部に神経が集中している部分があり、そこが弱点となるが、固いキャノピーのようなものに覆われていているため、簡単には攻撃出来ない。

登場話
第4話
身長
65m
体重
6万8千トン

闇黒星人シャプレー星人

GUTS-SELECT隊員訓練用のVRゴーグルを使った市街戦シミュレーション映像内に出現した宇宙人。

登場話
第4話
身長
1m70cm
体重
60kg

古代合成獣
スフィアゴモラ

ゴモラの前に姿を現したスフィアソルジャーの群れがゴモラに寄生、遺伝子情報を書き換えてスフィア合成獣と化した姿。電波障害を誘発するスフィア衝撃波を放つほか、宿主の能力をさらに強化したスフィア超振動波で攻撃してくる。

登場話
第3話
身長
50m
体重
3万トン

古代怪獣ゴモラ

破壊力のある尻尾や、角から放つ超振動波が武器となる古代怪獣。ゴモラの超振動波は、角を振動させて岩盤を粉砕し、地中を掘削移動する能力を攻撃に応用した強力な技であるため、正面からではなく背後に回って尻尾を攻撃するのが対ゴモラ戦では有効だとされている。

登場話
第3話
身長
40m
体重
2万トン

ディメンションカード
怪獣
ミクラス

ウルトラⅮフラッシャーでミクラスカードをリードする事で光と共に現れるディメンションカード怪獣。怪力を活かしての押し倒し技やタックル等でワンポイントリリーフ的役割を果たすと、デジタル粒子となって消えてしまう。

登場話
第2話
身長
ミクロ~40m
体重
0~2万トン

電脳友機 HANE2

GUTSホークを操るAIユニット。普段はナースデッセイ号の司令室にスタンバイしている。
音声で隊員たちと会話することができ、出動時にはGUTSファルコンを駆るカナタの「空」の相棒として活躍する。
コードネームはHANE2だが、カナタから親しみやすい仲間の名前としてハネジローと命名され、GUTS-SELECTではこの通称で呼ばれるようになる。

登場話
第2話 初登場
身長
30cm
体重
2キロ

破壊暴竜デスドラゴ

TPU設立のきっかけにもなった、人類の前に初めて現れた『始まりの怪獣』の異名を持つ破壊暴竜の同族種。
頭部にある巨大な二本の角から、強力な電撃を乱れ撃つ。この電撃の乱れ撃ちを防ぐには、デスドラゴの角を折る攻撃が有効的な手段となる。

登場話
第2話
身長
66m
体重
6万トン

精強融合獣
スフィアザウルス

肥大化したクリスタル状の前足が特徴的な精強融合獣。電波障害を誘発する衝撃波を放ち、無人機仕様のGUTSファルコンやナースデッセイ号による攻撃を無力化。
大地からエネルギーを吸収しようとする。

登場話
第1話
身長
68m
体重
6万8千トン
閉じる