キャラクター

宇宙怪獣 ベムラーBemular

ウルトラマンに『悪魔のような怪獣』と形容された宇宙怪獣。宇宙の墓場までウルトラマンに護送される途中に脱走した。
青い球状になって地球に逃げ延び、竜ヶ森の湖の底に身を潜め、長旅の疲れを癒していたようだが、科学特捜隊のウルトラ作戦第一号によって湖底より燻り出された。
前足が短く格闘戦が苦手だが、口から吐く青い怪光線=ペイル熱線は強力で、ウルトラマンを苦しめた。
最後は再び青い球体となって逃走を図ったが、スペシウム光線によって倒された。

詳細データ

身長 50m
体重 2.5万t
出身地 M35星

登場作品

SHARE