キャラクター

怪獣防災科学調査所 SKIPSKIP

怪獣防災科学調査所・通称「SKIP(スキップ/Scientific Kaiju Investigation and Prevention center)」。
怪獣が出現した際の対応力としての『防衛隊』とは違い、地域に密着して怪獣災害の調査、予測、予防対策、事後対策等を専門とする国立研究開発法人。

メンバー

飛世 ユウマ (23歳)

ウルトラマンアークに変身する本作の主人公。23歳。
怪獣防災科学調査所・通称「SKIP」星元市分所の入所3ヶ月目の新米調査員。
優しくまっすぐで、人のためと思えば周りがヒヤヒヤするほど後先を考えずに行動に出る性格。
幼少期のモノゲロスによる怪獣災害の辛い体験がきっかけで怪獣生物学を志し、同じ苦しみを持つ人々のために役立ちたいと「SKIP」に入所。豊富な怪獣知識と専用の怪獣探知機を駆使して調査を行う。
「走れ! ユウマ!」が座右の銘。

石堂シュウ (25歳)

ユウマが所属する怪獣防災科学調査所「SKIP」に、「地球防衛隊・宇宙科学局」から派遣され、ユウマたちの仲間として共に怪獣災害に立ち向かう特別調査員。

宇宙人や宇宙怪獣の調査や研究が専門だが、防衛隊隊員でもあるため、SKIPの仲間の中でただひとり対怪獣用の銃「エレマガン」を使うことが許されている。

いつもスーツを身にまとい、冷静で理性的なエリートだが、ある飲み物がないと辛抱できず、人が変わったように取り乱してしまう。

純粋で豊かな“想像力”を持つユウマに触れ、次第に共感し互いに良き理解者となっていく。

夏目リン (25歳)

主人公・ユウマが所属する怪獣防災科学調査所「SKIP」の女性調査員。

天才的なプログラマーでメカにも強く、所内ではシステム担当や機器開発を務めるほか、優れた機械工学の頭脳でAIロボ「ユピー」の開発を立ち上げから担当しており、姉弟のように親密な信頼関係を持つが、昔の愛犬の名前をそのまま名付けたことは内緒にしている。

明るくサッパリした性格でプロ意識が強く、入所したばかりのユウマにとっても頼れる先輩として行動を共にする。

伴ヒロシ (43歳)

主人公・ユウマが所属する怪獣防災科学調査所「SKIP」の星元市分所所長。子供のころ恐竜に夢中になり、好きが高じて化石発掘・調査研究にいそしみ、地質学の道へと進む。その知識を人のために役立てようと「SKIP」へ。専門の話になるとついつい夢中になるが、親しみやすく的確な指示ができる頼れるリーダーで、時に驚くほど大胆な判断もくだす。休日には家族に手料理をふるまう良き父親だが、多感な年頃の一人娘にいつも気をもんでいる。

登場作品

SHARE

同じ作品の他のキャラクター