TSUBURAYA STATION

ニュース
News

ニュースメニュー

  • 検索

  • 年月で絞り込む

  • カテゴリ

2019.09.21

2019.09.21

『ULTRAMAN ARCHIVES』ビデオグラム第5弾『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」BD&DVDセット11/20(水)発売! 11/16(土)TOHOシネマズ 上野にて上映&トークイベント開催!

ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」Blu-ray&DVD

★『ULTRAMAN ARCHIVES』プロジェクトに『ウルトラマン』登場!

ウルトラマンシリーズの歴代作品にスポットを当て、様々な形で新たな魅力を伝えていく『ULTRAMAN ARCHIVES』プロジェクト。第5弾作品は、『ウルトラマン』よりEpisode 2「侵略者を撃て」に決定致しました。Blu-ray&DVDセットを、2019年11月20日(水)に発売、本日9月21日(土)より全国のDVD取扱店にて予約受付が開始となりました。
(一部店舗では予約受付開始日が異なる場合がございます)

また、『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theater 上映&トークイベントを、11月16日(土)にTOHOシネマズ 上野にて開催。当日は「侵略者を撃て」の上映に加え、俳優の佐野史郎さん他、豪華ゲストによるトークショーを実施致します。

■ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」Blu-ray&DVD商品概要
発売日:2019年11月20日(水)
予約受付開始日:2019年9月21日(土)
※一部店舗では予約受付開始日が異なる場合がございます
価格:4,800円(税別)
品番:PCXE-50927
発売元:円谷プロダクション
販売元:ポニーキャニオン
収録内容:本編およびプレミアムトーク
仕様:Blu-ray&DVD セット商品 ※Blu-rayとDVDには同一内容を収録致します。

■Blu-ray:BD25G
【本編】25分/COLOR/4:3<1080p High Definition>/リニアPCM(ステレオ・モノラル)
【Premium Talk】(予)64分/COLOR/16:9<1080i High Definition>/リニアPCM(ステレオ)

■DVD:片面1層
【本編】25分/COLOR/MPEG-2/ドルビーデジタル(ステレオ・モノラル)
【Premium Talk】 (予)64分/COLOR/MPEG-2/ドルビーデジタル(ステレオ)

■「Premium Talk」
【構成】
・Chapter 1:ナビゲーター NAVIGATION
・Chapter 2:脚本 SCENARIO
・Chapter 3:世界観 WORLD VIEW
・Chapter 4:ウルトラマンへの道 SUIT ACTOR
・Chapter 5:創造の現場 CREATION
・Chapter 6:日本画 JAPANESE PAINTING
・Chapter 7:生命 LIFE
・Chapter 8:短歌 JAPANESE POEM
・Chapter 9:シリーズの原点と精神 ORIGIN

【出演者】
飯島敏宏(監督・脚本家)、中野 稔(光学合成)、満田かずほ(監督)、稲垣涌三(撮影)、黒部 進(俳優)、桜井浩子(俳優・コーディネーター)、古谷 敏(俳優)、石坂浩二(俳優)、三谷幸喜(劇作家・映画監督)、中島かずき(劇作家・脚本家)、村上裕二(日本画家)、福岡伸一(生物学者)、黒瀬珂瀾(歌人)

『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」

■あらすじ『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」
強烈な電波を発する物体が飛来し科学センター付近で突然消滅した。アラシ隊員が調査に向かうが、センターを占拠していたバルタン星人の光線によって動きを封じられてしまう。宇宙人の来訪を知ったムラマツキャップは、彼らと“話し合う”ことを提案する。

■スタッフ
脚本:千束北男
監督:飯島敏宏
特技監督:的場 徹

■キャスト
小林昭二、黒部 進、石井伊吉、二瓶正也、桜井浩子 ほか

『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」 『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」
『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」 『ウルトラマン』Episode 2「侵略者を撃て」

★『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theater 上映&トークイベント

開催日:2019年11月16日(土)
会場:TOHOシネマズ 上野
ゲスト:飯島敏宏(監督・脚本家) 他

※イベントの詳細は後日改めて発表致します
※イベント内容等は予告なく変更となる場合がございます



ピックアップ
Pickup

ソーシャルメディア
Social Media