ニュース

ニュース

「日本SF展・SFの国」7/19(土)より世田谷文学館にて開催!『SFドラマ 猿の軍団』上映会&トークショーやウルトラマンシリーズ上映会、ウルトラヒーロー撮影会なども実施!

世田谷文学館「日本SF展・SFの国」

小説、マンガ、アニメ、ゲーム等「日本SF」は現在、私たちの日常に溶け込み、当たり前のように楽しむことができます。かつて、日本にSFを育てようと集った若き作家たち―星新一、小松左京、手塚治虫、筒井康隆、真鍋博ら「日本SFの第一世代」と呼ばれる作家たち―が、日本ではまだ認知度の低かったSFをどう表現するか奮闘してきました。
やがて彼らの作品は、子どもや若者を中心に熱狂的に受け入れられ、今や世界を席巻する日本のアニメーションや特撮映像作品とともに大きな発展を遂げ、また「日本SF」に親しんで育ったかつての読者たちが、現在では文化芸術や科学技術分野のほか、多方面で活躍しています。

本展は、「きょうの想像力があすを築く」(星新一)をテーマに、会場を「日本SF大学校」に見立て、みなさまの“来校”をお待ちしています。作家たちがSFという表現を信じ、私たちになにを、どのように伝えようとしたのか、時代背景や多彩な資料から読み解いていくとともに、「日本SF」とこれからの未来を、存分に語りあえる場所になればとの願いを込めて開催されます。

また、会場では円谷英二によってもたらされた特撮技術の発展と、日本SFに与えた影響を紹介。関連イベントとして、日本SF界を代表する小松左京、田中光二、豊田有恒が原作を手掛けたテレビドラマシリーズ『SFドラマ 猿の軍団』上映会&トークショーや、ウルトラマンシリーズ上映会、ウルトラヒーロー撮影会なども実施されます。

■「日本SF展・SFの国」開催概要

会場:世田谷文学館
住所:東京都世田谷区南烏山1-10-10
期間:2014年7月19日(土)~9月28日(日)
休館日:月曜日(ただし7月21日、9月15日は開館、7月22日、9月16日は休館)
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
料金:一般800(640)円/高校・大学生、65歳以上:600(480)円/中学生以下無料
※括弧内は20名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方は、展覧会入場料が半額(大学生以下無料)になります。また介添え者(1名まで)は無料です。
※7月25日(金)は65歳以上の方は無料

<アクセス>
京王線「芦花公園」駅南口より徒歩5分
小田急線「千歳船橋」駅より京王バス(千歳烏山駅行)利用「芦花恒春園」下車徒歩5分

主催:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
監修:筒井康隆、豊田有恒
特別協力:星ライブラリ、小松左京ライブラリ、手塚プロダクション、円谷プロダクション、東宝、日本SF作家クラブ
協賛:岩崎書店、啓文堂書店、光文社、小学館、東京創元社、東邦ホールディングス、徳間書店、早川書房
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

お問合せ:03-5374-9111
Web:http://www.setabun.or.jp/

■関連イベント「円谷特撮スペシャル」

会場:世田谷文学館 文学サロン
参加費:無料


★『SFドラマ 猿の軍団』上映会+トークショー
開催日:8月2日(土)
時間:上映会(1)14:00~、(2)15:30~/トークショー15:00~
定員:各回先着150名

<トークゲスト>
豊田有恒(原作)、斉藤浩子(ユリカ役)

<上映作品>
SFドラマ 猿の軍団』(1974年作品)
第2話「魔境へ!脱出」、第17話「悪の軍団から親子猿を救え!」

SFドラマ 猿の軍団


ウルトラマンギンガ★ウルトラマンギンガ撮影会
日時:8月3日(日)11:30~12:00
定員:当日先着70名
※当日10:30より1階ロビーにて整理券を配布致します

★ウルトラマンギンガ上映会+握手会
日時:8月3日(日)13:30~
定員:当日先着150名
※当日10:30より1階ロビーにて整理券を配布致します

<上映作品>
『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』(2013年作品)

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル


★ウルトラマンティガ上映会
日時:8月24日(日)13:30~/15:00~/16:30~
定員:各回先着150名

<上映作品>
『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』(2001年作品)

ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人


★ウルトラセブン上映会+お絵かき会
日時:8月30日(土)13:30~/15:00~/16:30~
定員:各回先着150名

<上映作品>
『ウルトラセブン』(1967年作品)
第3話「湖のひみつ」

n-2573-06

※いずれの回もDVD上映です

世田谷文学館 公式サイト