ニュース

ニュース

高浜市やきものの里かわら美術館「ウルトラマン創世紀展」オープン!7/21(日)にはスペシャル対談&サイン会開催!

高浜市やきものの里かわら美術館にて「ウルトラマン創世紀展 -ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ-」が開催となりました。
7月21日(日)には、ウルトラマン出演俳優(黒部進氏、桜井浩子氏)が登場し、スペシャル対談&サイン会「ウルトラマン撮影秘話」を開催します!

スペシャル対談&サイン会「ウルトラマン撮影秘話」開催概要

開催日:2013年7月21日(日)
時間:(1)11:00~12:30/(2)14:30~16:00
場所:高浜市やきものの里かわら美術館 1階ロビー
住所:愛知県高浜市青木町九丁目6番地18
参加費:無料
定員:各回130名(全席指定)

【整理券配布】
(1)当日10:00 (美術館サブエントランス(森前公園側の入口)にお並びください)
(2)当日13:00 (3階講会議室にお並びください)

【出演者】
黒部進氏(『ウルトラマン』ハヤタ隊員)
桜井浩子氏(『ウルトラQ』江戸川由利子、『ウルトラマン』フジ・アキコ隊員)

<お客様へのお願い>
※当日観覧券を購入された方が対象となります(前売券、招待券は不可)
※サイン会参加は、整理券をお持ちの方のうち、本展図録、または桜井氏の著書『ヒロコ ウルトラの女神誕生物語』のどちらかを購入された方に限らせていただきます。
※サインはご購入いただいた図録または著書に、黒部氏から1か所、桜井氏から1か所となります。
※近隣のご迷惑とならないよう、十分ご配慮ください。
※駐車場の混雑が予想されますので、できるだけ公共交通機関をご利用いただくか、乗り合せてご来館ください。

お問い合わせ先:0566-52-3366

■「ウルトラマン創世紀展 -ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ-」について

特撮の神様と呼ばれた円谷英二。そこに若い脚本家、監督、特撮スタッフ、芸術家が集い情熱を注いで、1966(昭和41)年ウルトラマンを誕生させました。それからおよそ半世紀にわたって、その映像は多くの人々の心を捉え続けています。

当展覧会では、その原点である『ウルトラQ』(1966年)の誕生から、『ウルトラマン80』(1980年)までのウルトラマンシリーズを取り上げ、その人気の秘密を、送り手である制作側の情熱と、受け手である子どもを取り巻く文化の両面から探ります。

当時夢中になっていた世代から、昭和のウルトラマンを知らない子どもたちまで、多くの世代にウルトラマンの魅力を存分にお楽しみいただきたいと思います。初出品作品も多数ご覧いただけます。ご期待ください。

<開催概要>
名称:「ウルトラマン創世紀展 -ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ-」
会場:高浜市やきものの里かわら美術館
住所:愛知県高浜市青木町九丁目6番地18
会期:2013年7月13日(土)~9月16日(月・祝)
(月曜休館、ただし7月15日、9月16日は開館、7月16日(火)休館)
観覧料:高校生以上800円(640円)、中学生以下無料
※( )内は高浜市内居住者および20名以上の団体料金
※75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、各種割引あり
お問い合わせ先:0566-52-3366

展示点数:約800点
主催:高浜市やきものの里かわら美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会

高浜市やきものの里かわら美術館「ウルトラマン創世紀展 -ウルトラQ誕生からウルトラマン80へ-」