ニュース

ニュース

脚本家 市川森一・上映展示会「夢の軌跡」12/6(木)より横浜・放送ライブラリーにて開催

1966年、「快獣ブースカ」で脚本家デビューし、「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンA」をはじめ数々の名作ドラマを生み出した、故・市川森一さんの上映展示会が、放送ライブラリー(横浜市中区)にて12/6(木)より開催されます。

会場では、市川森一さんが手がけた全作品を年表・番組写真などで紹介する他、台本、直筆原稿、愛用の品などの展示、そして番組上映会(『ウルトラマンA』第1話「輝け! ウルトラ五兄弟」、NHKドラマ「私が愛したウルトラセブン」ほか)など、“夢見る力”を信じた市川森一さんの ~夢の軌跡~ を伝えます。
※上映作品は日によって異なります。詳細は放送ライブラリーWebサイトをご参照下さい

■市川森一・上映展示会「夢の軌跡」開催概要
開催日:2012年12月6日(木)~2013年2月3日(日)
休館日:月曜(月曜日が祝日の場合は翌日休)、12/29(土)~1/4(金)
時間:10:00~17:00
場所:放送ライブラリー イベントホール・映像ホール
住所:横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター内
交通:みなとみらい線「日本大通り駅」情文センター口直結、JR・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩10分
料金:入場無料
主催:(公財)放送番組センター、(一社)日本放送作家協会、(一社)日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム