開田裕治と円谷特撮の世界

| 開催概要 | 会場限定グッズ | 関連イベント | 『ウルトラマンシリーズ』とは?

■開催概要

  

怪獣絵師 開田裕治と円谷特撮の世界

期 間 : 2013年8月9日(金)~2013年8月27日(火)
10:00~21:00
※(最終日8月27日(火)は、17:00閉場)
会場 : 渋谷PARCO パート1 B1Fロゴスギャラリー
〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1
入場料 : 無料
問合せ   ロゴスギャラリー 03-3496-1287

渋谷PARCO、有楽町ロフト、熊本PARCO、神戸モトコー、岡山ロフト、あべのロフト、立川ロフトと、全国各地で好評を博した『怪獣絵師 開田裕治とウルトラの世界展』。

円谷プロの50周年を記念して展示内容を一新。怪獣絵師として名高い開田裕治が描いた数多くの円谷プロ特撮作品の中から、代表作の『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『帰ってきたウルトラマン』などウルトラマンシリーズの作品群は勿論、加えて『怪奇大作戦』、『マイティジャック』『ネオ・ウルトラQ』などを額装展示。

■会場限定グッズ

会場限定商品会場限定商品会場限定商品

購入特典
購入特典購入特典

■関連イベント

開田裕治

■『ウルトラマンシリーズ』とは?

ウルトラQ
1966年(昭和41年)、米国の『トワイライトゾーン』などをヒントに1話完結型のSFドラマとして放送された、独特の怪獣路線を推し進め、子供たちを虜にした全28話の“空想特撮シリーズ”の第一弾。映画『ゴジラ』の特技監督として世界的に名を轟かせた円谷英二の構想の下、スタートしたTV番組企画であり、円谷プロ、東宝、TBSの3社がトライアングルを組んだ国内初の特撮テレビ映画である。最高視聴率36.4%、平均視聴率32.4%を記録。日本全土に空前の怪獣ブームを引き起こした。

ウルトラマン
大人気を博した「ウルトラQ」の後番組として制作され、1966年(昭和41年)7月から1967年(昭和42年)4月に全39話が放送された“空想特撮シリーズ”の第二弾。 怪獣や宇宙人によって起こされる災害や超常現象の解決に当たる科学特捜隊と、共に戦うM78星雲光の国の宇宙警備隊員ウルトラマンの活躍を描く。
最高視聴率42.8%、平均視聴率36.8%を記録。巨大変身ヒーローものの原点ともいえる作品。

ウルトラセブン
1967年(昭和42年)10月から1968年(昭和43年)9月に全49話が放送された“空想特撮シリーズ”の第三弾。 宇宙の侵略者から地球を守るウルトラ警備隊及び、地球人に協力するヒーロー・ウルトラセブンの活躍を描いた物語である。恒星間侵略戦争により地球が多くの宇宙人に狙われているという新たな世界観のもと、主な敵は宇宙人と宇宙人が操る怪獣であり、ドラマも敵対的な宇宙人に対する諜報戦として描かれることが多いなどSF色が強められている。

帰ってきたウルトラマン
1971年(昭和46年)4月から1972年(昭和47年)3月に全51話が放送された第2期ウルトラマンシリーズの第一弾。怪獣攻撃部隊MATと、M78星雲から新たにやって来たウルトラマンの戦いと成長を描く。シリアスなドラマ性が強く、当時のスポ根ブームの影響を受けて主人公の苦悩や挫折などヒーローの人間的な面が取り上げられている。今作より取り入れられた「ウルトラ兄弟」の設定はその世界観に大きな広がりを持たせ、後のシリーズに多大な影響を与えた。

開田裕治

円谷ステーション
©TSUBURAYA PRODUCTIONS Co., Ltd.